油絵の東京都・女性画家、、山村早苗の美術館。油絵や水彩画を中心に活動中。日展に入選した絵画も展示中。油絵、水彩画、デッサン、肖像画など独特のタッチで活動してます
山村美術館をみる

東京都の女性画家、山村早苗。いつもご訪問ありがとうございます。
個展開催のお知らせ
現在、お知らせはありません
第27回日展(1995)入選作品の「川沿いの家(佃島)」や「エーゲ海(ギリシャ)」など
山村早苗の油絵を紹介します。2013年・新作水彩画を数点掲載しました(2013年水彩画にUP)
絵の楽しみ方は色々。山村早苗は絵画を通じてデッサンの楽しさや、景色のすばらしさ
古い町並みの郷愁などを表現。
見る人、画家の一体となったINTERNET「山村早苗美術館」で絵画の世界を展開中。


山村早苗(東京都・女性画家)、掲載中絵画の一覧表 160以上の作品を掲載しています


日本テレビ「おとな館」・油絵の楽しみに、ネットや示現会で活躍する女性画家として紹介されました
日本テレビ「おとな館」 http://www.yomiuri.co.jp/stream/tvotona/(今放映中です)

テレビ朝日放送の「イマジン」で東京の女性画家、山村早苗が紹介されました

山村早苗の美術館はインターネットの絵画展示場です。油絵や水彩画を公開しています。
あなたの肖像画:御自分の、可愛いお子様の、愛する人を山村早苗が肖像画で描きます。
絵画や油絵Net:絵の楽しさやデッサンの話、スケッチのコツなどを解説
自分が感動できればあなたにも描けるのが絵画の世界。油絵、水彩画で古い町並みや
景色を描きます。「山村早苗美術館」で油絵や水彩画を、お楽しみください

絵画の楽しさと絵を描くためのヒント

1.モチーフについて
何を描いたらよいかわからないとおっしゃる方がいますが、身近にある野菜や果物、
又自分自身でもいいし、描こうという気持ちになると、何でもモデルになるものです。
よく、観察することが大事です。

2.絵画の基本、デッサンの要素
デッサンで大事な要素は、対象を正確に表現することから始まりますが、最初は
なかなかうまくいきません。何度も描いているうちに、わかってくるので、ひとつのものを
何枚も描いてみるとよいです

3.絵画の色彩について
絵画にとって、色彩の美しい絵というのは、他の欠点を補ってあまりあるものがあります。
それは単に、きれいな色を並べるという意味ではなく、色の調和によるものであり、
混色して濁った色でも、使う位置によって美しい色ともなるのです。
そして、対象とそっくりの色を使うのではなく、対象から感じ取った自分自身の色を
置いてみることが大事です。

4.マチエール
油絵の場合は厚塗りもできれば、薄塗りもでき、いろいろ表現方法があります。
私の場合はナイフで厚塗りする事が多く、時々砂(市販されています)を混ぜたりもします

5.油絵具
絵具の製造色数は各会社によってまちまちで、100色前後の色数がありますが
初心者は15〜16色で一応充分描くことができます。
同じ色でもメーカーによって多少の差が出てくるので、用途によって使いわけます。

6.画溶液
溶き油は最初、揮発性油(テレピン、ペトロールなど)で描きはじめ、次にリンシード、
パンドル、ポピーオイルなど、好みの油に変えていきます。

 サイトマップ

 LINK   |  エクステリアステーション |  CAD図面作成 |  リフォームネット  |  たかはし工営  | 水虫撃退  | ガーデン  | 金福楼  |  やせるお茶 |
|  水虫漢方 | 外構とエクステリア |  ガーデニング |  植木と庭  |  内装とリフォーム  |  肖像画クラブ |  アプローチ